ブライダルハウス マリエ|Malie

Shiromuku 白無垢

新織物 善王寺織
 善王寺織は平織をベースに製作することで、地の部分に立体感のある質感が生まれ、絵緯糸(えぬきいと)- 柄を織り成す糸- の光沢を際立たせ、柄が浮かび上がるように見えるのが特徴。さらに、経糸本数を他の織物に比べて少なくし生地にゆとりを持たせることで、絵緯糸に太い糸を多く織り込むことが出来、唐織や綴織にも負けない、ふんわりとしてボリュームある柄表現を可能にしました。
 
 善王寺織は、京都・丹後の大宮町善王寺の新工場で、綴織や佐賀錦など従来の織物の知識や技術を応用した全く新しい織物として、約半年の期間を経て開発しました。
 生地の風合い、柄のボリューム、織上がりの美しさ・・・、ベストを探して織り手、紋図作成、紋紙作成、検品、あらゆる業務に携わるスタッフが一丸となり、何度も何度も試験織を繰り返し、ようやく完成しました。
 満を持して発表する新織物です。

しなやかでしっかりとした地は平織の質感が魅力的。
柄の圧倒的なボリュームがこの織物最大の特徴。


12月末 入荷予定

  • 衣裳コード:505
  • モデル:白無垢(オフ)
一覧ページへ